100均セリアのアイマスク4種類の比較とオススメ

100円ショップのセリアで購入したアイマスク4種類の紹介と比較です。

スポンサーリンク

Amazonで1000円のアイマスクは微妙だった

セリアのタオル地のアイマスクを普段から使用していました。

しかしゴムが伸びてくると使用できなくなってしまうので、Amazonで1000円のアイマスクを購入してみました。

しかし鼻の形に合わせて調整するノーズワイヤーが合わない。どうしても隙間ができてしまう。

それだったら100均のアイマスクを10枚買ったほうがいいと思い、とりあえず近所のセリアに売っていたアイマスクを4種類買ってきました。

セリアのアイマスク紹介

購入してきたアイマスクはこちら。本体材質はどれもポリエステル100%。

左から

ゆったりホールドアイマスク
耳まで覆うタイプ。厚みがあり遮光性は高い。マジックテープなのでフィット感もよく、ゴムが伸びても調整が可能なので耐久性も高い。顔につける面は光沢のあるポリエステルで暑苦しく肌触りは最悪。
肌触りのよいタオル地アイマスク
タオルケットのような生地で通気性がよく肌触りがとてもよい。生地の密度が低いので遮光性は一番低い。
ふんわりもっちりアイマスク
綿ポリエステル混紡のtシャツのような生地で肌触りがよい。中綿が多めなのかタオル地タイプより遮光性も高い。
EYE MASK
シャカシャカしたポリエステル生地で暑苦しく肌触りが悪い。生地の遮光性は高いが、本体が薄いため鼻に隙間ができやすくトータルで遮光性は低い。

ゴム2本タイプは成人男性がつけると最初はキツめ。使用してるとゴムが伸びて馴染んでくる。

ゆったりホールド
アイマスク
肌触りのよいタオル地アイマスクふんわりもっちり
アイマスク
EYE MASK
特徴
(固定)
耳まで覆う
(マジックテープ1本)
肌触り重視
(ゴム2本)
中綿が入ってる
(ゴム2本)
薄い
(ゴム2本)
肌触り
暑苦しい

タオルケット風

ポリ混tシャツ風

暑苦しい
遮光性
耳まで覆うので

生地の密度が低い

中綿が多め

鼻に隙間
耐久性
マジックテープ調整可能

ゴムが伸びる

ゴムが伸びる

ゴムが伸びる

オススメは使うのが1枚だけなら「ふんわりもっちり」です。

2枚で遮光性を高めるなら「タオル地」を内側、「EYE MASK」を外側に。

耐久性重視なら「タオル地」を内側、「ゆったりホールド」を外側で縫い合わせる。ゴムが伸びてもマジックテープで調整すれば長く使えます。

アイマスクの画像

質感が良いタイプ

左が「タオル地アイマスク」。右が「ふんわりもっちりアイマスク」。

「タオル地アイマスク」はタオルケットのような生地で肌触りがとてもいいが遮光性は低い。

「ふんわりもっちりアイマスク」はtシャツのような質感で、中綿が多めでタオル地より遮光性が高い。

左が「EYE MASK」。右が「ゆったりホールドアイマスク」。

EYE MASKは生地の遮光性は高いが、本体が薄いため鼻に隙間ができ光が入ってきてしまう。

「ゆったりホールドアイマスク」は厚く耳まで覆うので遮光性は高い。しかし肌に当たる面が何故か光沢のあるポリエステルで肌触りは悪く暑苦しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました