サーモスの350mlマグカップ「JDG-350C」レビュー

サーモスの真空断熱マグカップ350ml(JDG-350C)のブラックのレビューです。

結論からいうと、このマグカップは陶器のマグカップに比べて熱さが10分長持ちするマグカップとして使うのが正解です。

スポンサーリンク

サーモスとは?

サーモスはステンレス製魔法瓶等、その中でも真空断熱タンブラーで有名な企業です。

私は何故か勝手にアメリカの企業だと思い込んでいたのですが、調べてみると日本企業でした。

以下のように縦長でステンレス製のタンブラーを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

二重ステンレスで結露せず高い保冷性があるので、夏に氷と飲み物を入れて使用するのが一般的です。

そのサーモスが2019年に発売した真空断熱マグカップが今回レビューする「サーモスの真空断熱マグカップ350ml(JDG-350C)」シリーズです。

JDG-350Cは待望の真空断熱マグカップ

これ以前にもサーモスの真空断熱マグカップは発売していました。

しかしデザインが野暮ったく、またギミックが多いため洗うのが面倒そうなので、私も何度か購入を検討しましたが結局買うことはありませんでした。

そんな中で発売されたJDG-350Cはそれらの問題点を解決した、まさに待ち望んでいた真空断熱マグカップでした。

外観

正面にはサーモスのロゴ。

背面はロゴ無し。塗装された表面はつや消しで美しくさわり心地はサラサラ。

真上から。飲み口は程よい厚みがある。

底にはサーモスのロゴ。

手で持った場合

持ち手は程よい太さがあり握りやすい。

握ったところ。私は成人男性にしてはやや手が小さいです。

サラサラなので取っ手以外のホールド感はよくない。

フタ

フタは乗せるだけのもので、表面はサラサラでつや消し。

裏にはフタがずれないための突起があり、表面はツルンとして光沢がある。

閉じた場合。フタがマグカップの上に乗っているだけの状態。

特徴と使用感

使用感が一般的なマグカップに近い

これ以前のサーモスのマグカップに比べて余計なギミックが無いのでとても洗いやすい。

一般的なマグカップの形そのままで外観がとにかくシンプルで美しい。

使用時の容量は300ml程度

350mlは満杯の容量で実際使う場合は300ml程度になるかと。以下の状態で280ml。

画像に写っているシリコンコースターもおすすめです。

取っ手が持ちやすい

キャンプ道具などのチタンやステンレス製のマグカップは取っ手が薄く持ちづらいものも多いが、このマグカップは程よい太さがあるのでとても持ちやすい。

内側まで塗装されていないので残量が確認しやすい。黒く塗装されるとコーヒーなどが見づらくなってしまう。

飲み口に適度な厚み

サーモスの真空断熱タンブラーは飲み口が薄い(鋭利)なものが多く気になって購入できなかったんですが、このマグカップには1.5mm適度の厚みがあり口当たりがいい。

イマイチなところ

フタが実用的ではない

フタは突起に合わせて乗せているだけなのでコップを倒すと外れます。

フタを外すと蓋の裏に付いた水滴が垂れてくるので飲むたびに外す、被せると繰り返すのは実用的ではありません。

傷がつく場合がある

塗装が剥げる場合があるようです。

アマゾンのレビューを見てみると塗装が剥げた報告もあるので、例えばフォークの先で引っ掻いた場合などは剥げる可能性もあるかと。

私は洗ったり乾かす場合は単品で行っていますし、何度かキーボードの角にぶつけていますが傷はついてません。

電子レンジで使えない

ステンレス製なので電子レンジでは使用できません。アマゾンのレビューでも電子レンジを使用したら取っ手が変形したとのレビューがありました。

陶器マグカップと比較して10分長持ちする

このマグカップはフタを使わず、それでも通常のマグカップよりは10分保温が長いマグカップと考えるのが適切です。

試しに当マグカップと陶器のマグカップに沸騰したお湯を注いで飲み比べてみました。室温は20度です。

経過時間JDG-350C陶器マグ説明
入れたてかなり熱い熱い陶器マグカップは入れたてでも陶器の冷たさで少し冷めるので飲みやすい。
5分後熱い適温に熱いJDG-350Cは5分後に飲みやすい熱さになる。
10分後適度に熱いややぬるいJDG-350Cは適温、陶器マグカップは一気飲みできる温度。
15分後温かい完全にぬるい陶器マグカップは完全にぬるく一気に飲み干すタイミング。
20分後ややぬるいJDG-350Cが一気飲みできる温度。
25分後完全にぬるいJDG-350Cが完全にぬるく一気に飲み干すタイミング。

JDG-350Cは普通のマグカップより冷めるのが10分遅という結果になりました。

フタをしてチビチビ飲みたい、1時間以上かけて飲みたい人以外は20分もあればゆっくり飲んでも飲み干せる時間ではないでしょうか?

そのかわりフタのギミックやパッキンで洗う手間が増えないメリットが大きいですし、この条件を想定して購入するのであればとても満足できるマグカップだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました